忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小倉仙翁(オグラセンノウ)

小倉仙翁(オグラセンノウ)


小倉仙翁(オグラセンノウ)はナデシコ科センノウ属の多年草である。
熊本県の阿蘇で採集された標本に基づき、牧野富太郎博士が新種として記載した。
分布域は熊本県阿蘇地方と岡山県北西部から広島県の北東部にかけての狭い地域に限定される。
また、個体数もごくわずかである。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ⅠA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は70~100センチくらいである。
茎が細いので、他の植物に寄り添う形で生育している。
葉は平たくて細長い線形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6~8月である。
花の色は紅色で、花びらは5枚である。
花びらの縁がギザギザに深く裂けており、形は撫子(ナデシコ)に似ている。
花の下には筒形の萼がある。
写真は7月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Lychnis kiusiana


★ギザギザに裂けた花びらぷるぷると
 震わせて咲く小倉仙翁


小倉仙翁(オグラセンノウ)


花図鑑
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2018/11 12
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ