忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

カテゴリー「カンナ科」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カンナ・グラウカ



カンナ・グラウカはカンナ科カンナ属の多年草である。
原産地は熱帯アメリカで、沼沢地や湿地に生える。
撮影地の東山植物園では白花カンナ(シロバナカンナ)の名称を用いているが、他にこの名で表示しているところはない。
また、花の色は白というより黄白色だし、よそには黄色のものもあるようである。
草丈は100~150センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、カンナよりも細長い。
開花時期は6月から10月くらいである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Canna は、ケルト語の「can(芦)」が転じてこの属の名に使われた。
種小名の glauca は「帯白色の」という意味である。
写真は8月に名古屋市の東山植物園で撮った。
学名:Canna glauca


★名づけ方難しいねと改めて
 思わされたよ白花カンナ




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


PR

カレンダー

05 2018/06 07
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ