忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

カテゴリー「ホウライシダ科」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

唐草蓬莱羊歯(カラクサホウライシダ)



唐草蓬莱羊歯(カラクサホウライシダ)はホウライシダ科ホウライシダ属(アディアンツム属)の常緑多年草である。
分類体系によっては(APGIII)イノモトソウ科とされる。
アディアンツム属は世界の熱帯や温帯に200種くらいが分布する。
日本にも蓬莱羊歯(ホウライシダ)などが分布し、属名の和名をホウライシダ属という。
本種は南アメリカに分布し、熱帯雨林に生えるシダ植物である。
YListでは標準和名を小葉蓬莱羊歯(コバホウライシダ)としている。
なお、「蓬莱」の名は神仙思想で説かれる仙境の名からきている
園芸的には属名からきたアジアンタムの名で流通している。
草丈は30センチから60センチくらいである。
茎や葉軸は細くて硬い針金状で、黒褐色をしている。
葉は3~4回羽状複葉である。
小葉はやや厚手で艶があり、扇形をしている。
胞子嚢群は小葉の裏面の縁に並ぶ。
包膜は腎円状となり、横に広がらない。
属名の Adiantum はギリシャ語の「a(無)+dianotos(濡れる)」からきている。雨を弾いて濡れない葉ということから名づけられた。
種小名の raddianum はイタリア人の植物学者「ラッディ(Giuseppe Raddi, 1770-1829)さんの」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Adiantum raddianum

★羊歯だけど園芸的にも人気ある
 アジアンタムはとてもスマート




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



PR

沖縄孔雀羊歯(オキナワクジャクシダ)



沖縄孔雀羊歯(オキナワクジャクシダ)はホウライシダ科ホウライシダ属(アディアンツム属)の常緑多年草である。
分類体系によっては(APGIII)イノモトソウ科とされる。
別名を沖縄孔雀(オキナワクジャク)ともいう。
アディアンツム属は世界の熱帯や温帯に200種くらいが分布する。
日本にも鳳来羊歯(ホウライシダ)などが分布し、属名の和名をホウライシダ属という。
本種は九州の天草と屋久島以南に分布する。
海外では、台湾、中国の南部や南西部、タイ、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、インドネシア、マレーシア、スリランカ、インドなどに分布し、山地の崖などに生えるシダ植物である。
草丈は10センチから50センチくらいである。
葉柄や葉軸は艶のある黒褐色で、毛が生える。
葉身は手のひら状に枝分かれをするか3回羽状複葉である。
小葉の両面は無毛で、扇形をしている。
胞子嚢群は小葉の裏面の縁に並び、円形ないし楕円形である。
属名の Adiantum はギリシャ語の「a(無)+dianotos(濡れる)」からきている。雨を弾いて濡れない葉ということから名づけられた。
種小名の flabellulatum は「扇状の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Adiantum flabellulatum

★美しい姿に思わず見とれるよ
 羊歯あなどれず沖縄孔雀




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







孔雀羊歯(クジャクシダ)



孔雀羊歯(クジャクシダ)はホウライシダ科ホウライシダ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地の林の縁に生える夏緑性のシダ植物である。
海外では、サハリン、カムチャツカ、シベリア、朝鮮半島、中国、ヒマラヤ、インド、カナダ、アメリカ合衆国などにも分布する。
別名を孔雀草(クジャクソウ)という。
和名の由来は、葉の様子を孔雀が羽を広げた様子にたとえたものである。
草丈は40~60センチくらいである。
葉は羽状複葉である。
手のひら状に枝分かれして横に広がり、鳥足状になる。
葉柄は黒褐色で艶がある。
緑色の小葉とのコントラストが美しい。
胞子嚢群は小葉の表面の縁に並ぶ。
属名の Adiantum はギリシャ語の「a(無)+dianotos(濡れる)」からきている。雨を弾いて濡れない葉ということから名づけられた。
種小名の pedatum は「鳥足状の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Adiantum pedatum

★颯爽と羽根を広げて孔雀羊歯
 手招かれぬかとこわごわ覗く




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







細葉岩根草(ホソバイワガネソウ)



細葉岩根草(ホソバイワガネソウ)はホウライシダ科イワガネゼンマイ属の常緑多年草である。
奄美大島の固有種である。
岩の多い林の中に生えるシダ植物である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
葉の長さは40~60センチくらいである。
岩根草(イワガネソウ)と比べて、葉の裂片の幅が15ミリくらいと細い。
葉脈が隣の葉脈とつながって網目状になるのが特徴である。
属名の Coniogramme はギリシャ語の「conia(線紋)+gramme(粉末)」からきている。線状の嚢堆が一見粉状であることから名づけられた。
種小名の gracilis は「細長い」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Coniogramme gracilis


★少しだけ葉っぱが細い岩根草
 ぼくの故郷奄美大島




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







箱根羊歯(ハコネシダ)



箱根羊歯(ハコネシダ)はホウライシダ科ホウライシダ属の常緑多年草である。
本州から九州にかけて分布し、湿った斜面や岩場に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、台湾などにも分布している。
小葉は質はやや硬く、三角状の倒卵形をしている。
上部の縁には不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の柄は紫褐色をしている。
胞子のう群は各小葉に1つつく。
和名の由来は、最初の標本が箱根で採集されたことによる。
全草を生薬で石長生(せきちょうせい)といい、利尿・通経・去痰などの薬効がある。
属名の Adiantum はギリシャ語の「a(無)+dianotos(濡れる)」からきている。雨を弾いて濡れない葉ということから名づけられた。
種小名の monochlamys は「花被が単一の」という意味である。
写真は10月に小石川植物園で撮った。
学名:Adiantum monochlamys


★美しい姿で風情抜群の
 箱根羊歯には薬効もあり




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







カレンダー

11 2018/12 01
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ