忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

カテゴリー「マンサク科」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヒマラヤ土佐水木(ヒマラヤトサミズキ)



ヒマラヤ土佐水木(ヒマラヤトサミズキ)はマンサク科トサミズキ属の落葉低木である。
学名のコリロプシス・プラティペタラで表示するところもある。
原産地は中国である。
南西部の安徽省、湖北省、四川省などに分布し、標高1300~2600メートルの山地に生える。
樹高は1~2メートルである。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3~4月である。
花序は長さ25ミリくらいで、下向きに垂れ下がる。
花の色は淡い黄色で、よい香りがする。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Corylopsis はギリシャ語の「Corylus(ハシバミ属)+opsis(似た)」からきている。葉の形が似ていることから名づけた。
種小名の platypetala は「広い花弁の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名: Corylopsis platypetala


★面白い花の形に息を呑み
 右に左に角度を変えて




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







PR

松広水木(ショウコウミズキ)

松広水木(ショウコウミズキ)

松広水木(ショウコウミズキ)はマンサク科トサミズキ属の落葉低木である。
原産地は朝鮮半島である。
南部にある智異山国立公園の松広寺で発見された。
別名を朝鮮土佐水木(チョウセントサミズキ)という。
分類上は日本に分布する高野水木(コウヤミズキ)の変種とされている。
樹高は1~2メートルである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
長さは5~9センチで、表面は緑色、裏面は灰白色を帯びる。
開花時期は3~4月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
枝から穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を垂らし、淡いクリーム色の花を8~12輪くらいつける。
花びらは5枚で、花径は15~30ミリくらいである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Corylopsis はギリシャ語の「Corylus(ハシバミ属)+opsis(似た)」からきている。葉の形が似ていることから名づけた。
種小名の gotoana は「五島列島の」という意味である。
変種名の coreana は「朝鮮の」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Corylopsis gotoana var. coreana


★韓国に固有の花をまた一つ
 見つけ違いはどこにあるかと


松広水木(ショウコウミズキ)

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


アメリカ満作(アメリカマンサク)

アメリカ満作(アメリカマンサク)

アメリカ満作(アメリカマンサク)はマンサク科マンサク属の落葉高木である。
アメリカ東部、カナダ、メキシコの山地などに分布し、林の中に生える。
マンサク属は東アジアと北米東部に隔離分布するのだそうである。
樹高は5~10メートルくらいである。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には柄がある。
開花時期は10~11月である。
鮮やかな黄色の花弁が10枚くらい放射状に広がる。
萼も黄色い。
アメリカの先住民であるインディアンは、葉を擦り傷、切り傷、皮膚炎などの治療に用いたという。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hamamelis virginiana


★カールする黄の花びらがひらひらと
 一足早くアメリカ満作


アメリカ満作(アメリカマンサク)

今日の花ドットコム
花図鑑

赤花満作(アカバナマンサク)

赤花満作(アカバナマンサク)

赤花満作(アカバナマンサク)はマンサク科マンサク属の落葉小高木である。
分類上は、丸葉満作(マルバマンサク)の型の1つとされている。
丸葉満作(マルバマンサク)は満作(マンサク)の日本海型変種である。
文字通り葉が丸いのが特徴である。
丸葉満作(マルバマンサク)の花弁は黄色いが、赤花満作(アカバナマンサク)の場合は花弁が暗い紅色になる。
花弁のつけ根の部分だけ赤いものは錦満作(ニシキマンサク)と呼ばれる。
樹高は3~8メートルくらいである。
葉は円形ないし倒卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2~3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花弁は4枚、萼片も4枚である。
雄しべは4本、雌しべは1本である。
別名を紅花満作(ベニバナマンサク)ともいう。
俳句では「満作」が春の季語である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Hamamelis japonica var. obtusata form. incarnata


★鮮やかな色ではないが落ち着いた
 調べ奏でるここにも春と


赤花満作(アカバナマンサク)

今日の花ドットコム
花図鑑

満作(マンサク)ダイアナ

満作(マンサク)ダイアナ

満作(マンサク)ダイアナはマンサク科属マンサク属の落葉小高木である。
オレンジ・ビューティ(Orange Beauty)は栽培品種である。
ダイアナ(Diana)は、満作(マンサク)の園芸品種の1つで、赤花であるのが特徴である。
日本に自生する満作(マンサク:Hamamelis japonica)と中国原産の支那満作(シナマンサク:Hamamelis mollis)の種間交雑種(Hamamelis x intermedia)である。
支那満作(シナマンサク)は日本の山野に自生する満作(マンサク)に較べ開花時期が早い。
また、花に香りがあり、花の時期にも前年の葉が枝に残っている。
種間交雑種(intermedia)も含めて花がやや大きく、黄色以外の花色の品種もある。
ダイアナもその1つである。
樹高は1~2メートルである。
開花時期は2月である。
写真は2月に神代植物公園で撮った。
学名:Hamamelis x intermedia cv. Diana


★ダイアナと名づけられしか満作の
 花は真っ赤に枝を覆いて


満作(マンサク)ダイアナ

今日の花ドットコム
花図鑑

カレンダー

11 2018/12 01
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ