忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大深当帰(オオブカトウキ)

大深当帰(オオブカトウキ)


大深当帰(オオブカトウキ)はセリ科シシウド属の多年草である。
奈良県の大深地方で栽培されていたのが名の由来である。
野生種の深山当帰(ミヤマトウキ)の栽培化されたものと言われる。
草丈は40~90センチくらいである。
開花時期は7~9月くらいである。
茎先に複散形花序を1個出し、花径5~6ミリの白い小さな花をたくさんつける。
散形花序というのは、茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序のことである。
複散形花序というのは、たくさん出た枝先に小さな散形花序がつくというように散形花序が組み合わさってできている。
複散形花序は、セリ科の多くに見られる特徴である。
根を乾燥させたものを生薬で当帰(とうき)と言い、婦人病を始め頭痛、しもやけ、ひび・あかぎれなどに薬効がある。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Angelica acutiloba


★古の語り伝えにある如く
 当に帰るの薬効ありて



大深当帰(オオブカトウキ)


花図鑑
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2018/08 09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ