忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

箱根羊歯(ハコネシダ)



箱根羊歯(ハコネシダ)はホウライシダ科ホウライシダ属の常緑多年草である。
本州から九州にかけて分布し、湿った斜面や岩場に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、台湾などにも分布している。
小葉は質はやや硬く、三角状の倒卵形をしている。
上部の縁には不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の柄は紫褐色をしている。
胞子のう群は各小葉に1つつく。
和名の由来は、最初の標本が箱根で採集されたことによる。
全草を生薬で石長生(せきちょうせい)といい、利尿・通経・去痰などの薬効がある。
属名の Adiantum はギリシャ語の「a(無)+dianotos(濡れる)」からきている。雨を弾いて濡れない葉ということから名づけられた。
種小名の monochlamys は「花被が単一の」という意味である。
写真は10月に小石川植物園で撮った。
学名:Adiantum monochlamys


★美しい姿で風情抜群の
 箱根羊歯には薬効もあり




植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

06 2019/07 08
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ