忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鬼豆蔦(オニマメヅタ)



鬼豆蔦(オニマメヅタ)はウラボシ科マメヅタ属の多年草である。
樹木や岩に茎を這わせて着生するシダ植物である。
鹿児島県の屋久島と島根県で発見されている。
両者は異なる可能性も指摘されている。
海外では、中国にも分布する。
環境省のレッドデータリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
茎は細く這って伸び、丸くて先の尖った葉を疎らにつける。
葉には栄養葉と胞子葉の2つがある。
栄養葉は肉厚で丸い。
胞子葉は細長いが、マメヅタ属の仲間と比べると幅が広い。
胞子葉の裏面には胞子嚢群と呼ばれるものが2列に点々と並ぶ。
属名の Lemmaphyllum はギリシャ語の「lemma(皮)+phyllon(葉)」からきている。葉が皮質で乾いていることから名づけられた。
種小名の pyriforme は「ナシ属のような形の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Lemmaphyllum pyriforme


★シダだけど蔓を這わせて葉をつける
 鬼豆蔦の不思議な姿





植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

04 2018/05 06
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ