忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

牡丹防風(ボタンボウフウ)

牡丹防風(ボタンボウフウ)


牡丹防風(ボタンボウフウ)はセリ科カワラボウフウ属の多年草である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、海岸の砂地や岩の隙間などに生える。
名の由来は、葉の形が牡丹(ボタン)に似ているというところからきている。
草丈は50~100センチくらいである。
茎は枝分かれをして大きな株となる。
葉は1~2回3出複葉で、小さな葉が3枚ないし9枚で1組となる。
小葉には長い柄があり、先は2つか3つに裂ける。
葉の質は厚く、白みを帯びた緑色をしている。
開花時期は7~9月である。
茎先に複散形花序を出し、白い小さな花をたくさんつける。
散形花序というのは、茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序のことである。
複散形花序というのは、たくさん出た枝先に小さな散形花序がつくというように散形花序が組み合わさってできている。
複散形花序は、セリ科の多くに見られる特徴である。
若い葉や根は食用になる。
沖縄では「1株食べると1日長生きする」といわれ、長命草(チョーミーグサ)と呼ばれてきた。
葉には滋養強壮の薬効があり、根には鎮咳、鎮静、利尿、強壮などの薬効があるという。
健康茶、健康酒などにも利用されている。
江戸時代には、許しを得て根を朝鮮人参の代用品として使うことができたとのことで、御赦免人参(ゴシャメンニンジン)と呼ばれていたという。
写真は8月に筑波実験植物園で撮った。
学名:Peucedanum japonicum


★長命の霊験ありと知られたる
 牡丹防風味はいかがか



牡丹防風(ボタンボウフウ)


花図鑑
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2018/08 09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ