忍者ブログ

新・花の仲間調べ

仲間ごとに分類して季節の花をお届けします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

細葉当帰(ホソバトウキ)

細葉当帰(ホソバトウキ)


細葉当帰(ホソバトウキ)はセリ科シシウド属の多年草である。
北海道の固有種である。
アポイ岳や夕張岳などに分布し、蛇紋岩地に生える。
環境省のレッドデータリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は20~50センチくらいである。
全体に紫色を帯びている。
葉は2~3回羽状複葉で、互い違いに生える(互生)。
鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成されるのが羽状複葉で、それを2~3回枝分かれさせて1枚の葉となる。
小葉は細い線状となって先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7~8月である。
茎先に複散形花序を出し、白い小さな花をたくさんつける。
散形花序というのは、茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序のことである。
複散形花序というのは、たくさん枝分かれさせた先に小さな散形花序がつくというように散形花序が組み合わさってできている。
複散形花序は、セリ科の多くに見られる特徴である。
花びらは5枚で内側に巻き込む。
写真は7月に仙台市野草園で撮った。
学名:Angelica stenoloba(=Angelica acutiloba subsp. lineariloba)


★北国のごく限られた山に咲く
 花に出合える不思議な思い



細葉当帰(ホソバトウキ)


花図鑑
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2018/08 09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

楽  天

お買い物





AmazonStore
by amanatu



カテゴリー

最新TB

プロフィール

HN:
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析





Copyright ©  -- 新・花の仲間調べ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ